下取車査定料

下取車査定料って払うものなの?

愛車を売るとなった時には、様々な費用や経費がかかるのです。
愛車を売却する方法は中古車買取専門店に買取してもらう方法と
ディーラーなどに下取りにしてもらう方法があります。
今回は下取りに出す場合の下取車査定料について説明していきましょう。

 

下取車査定料って何なの?

下取りとは車を買い替える時に、今現在乗っている車を販売店に引き取ってもらうことで
新車の値引きを受けることができます。
車の売却と新車購入が1つのディーラーで行うことができるので効率よくすすめることができ、
割引も受けることができるのでお得だと感じる人がいます。

しかし気づかないうちに下取車査定料を取られていたということがよくあるのです。

下取車査定料は下取りする車を査定する時に発生する料金です。
例えば下取り査定が0円になってしまった場合には、
新車の値引きどころか下取車査定料がかかってしまうので損をしてしまうことになるでしょう。
下取り査定をして金額に納得いかなかった場合、下取りをやめるケースもあります。
このような場合には下取車査定料はかからないことが多いです。
ただディーラーによっては一度下取り査定をすると、
そのまま下取りで引き取りたいために強引に下取りに出したがるケースが多いです。
下取りよりも買取の方が売却価格が高くなってしまうので
できるだけ下取りに出してほしいと思っているからなのです。

 

下取車査定料は値引きしてくれるケースも

いざ下取り、新車購入が決まった場合には、ディーラーによっては
下取車査定料をサービスしてくれるケースも多いようです。
また他店では下取車査定料は取られなかったなどといえばサービスしてくれることもあるでしょう。

 

買取では買取査定料はかからない

下取りでは下取車査定料がかかってしまいますが、
中古車販売専門店に売却する買取の場合は買取査定料は発生しません。
そのため買取の方が下取りに比べてお得でしょう。

また費用自体も買取額の方が下取り額よりも高くなる傾向がありますので、
愛車を売却したいのであればまずは買取査定を行って、それから下取り査定を行うとよいでしょう。

査定額を比較してお得な方で売却するとよいですね。
買取の場合にはネットの無料一括買取査定サイトを利用すると、
1回の請求で複数の業者から査定額を請求することができるので、
売却額を比較しやすく便利ですよ。
またネット査定をしてから出張査定をすると、出張費用もかからないケースが多いです。