中古車買取 手数料

中古車買取に手数料はかかるの?

中古車買取をしてもらう時、できるだけ高額での買取りが望ましいですが、

買取りをしてもらう時は手数料が発生してしまう可能性があります。
今回は中古車買取の手数料について考えてみましょう。

 

査定の段階では手数料は発生しない

愛車を売りたいといった時にまずは車査定をしてもらうことが一般的ですが、

この車査定に関しては費用がかかりません。

 

査定自体は無料で行ってくれる業者がほとんどですので、たくさんの査定を出してもらい、
その中でも高額査定が出た中古車買取専門店で売ることをおすすめします。

 

中古車買取をしてもらうことが決定して契約した後に様々な手数料が発生するのです。

 

中古車買取での手数料とは?

中古車買取で必要になってくる手数料としては、車の名義変更をする際の費用です。

 

車を売る場合には、名義変更をしなければなりません。

名義変更にかかる費用は契約した後に現金で別に徴収されるケースと、

査定価格から差し引かれている場合があります。

 

名義変更は自分で行うこともできますが、
基本的に中古車買取業者が代行してくれるケースがほとんどでしょう。

 

代行してもらう場合には代行手数料も必要になってきます。
この代行手数料に関しては中古車買取専門店によって若干の差がありますので、
きちんと確認しておきましょう。

 

中古車買取に必要な書類とは?

中古車買取をしてもらうためには、印鑑証明と住民票を取得しておかなければなりません。

 

印鑑証明と住民票は自分が住んでいる市区町村の役所で発行してもらうのですが、
この時にかかる手数料は実費で支払わなければなりません。
この費用は自治体によって異なりますが300〜500円程度の場合が多いでしょう。

 

中古車買取にかかる手数料も、事前に調べておくことでスムーズな手続きを行うことができますよ。

 

中古車買取をする時は一括査定がおすすめ

先ほど中古車買取の査定は無料で行えるとお話しましたが、
最近ではインターネット上で手軽に車査定を行えるサイトが増えてきています。
もちろんこのサイトの利用料も無料です。

インターネット上で簡単な入力を行えば、
一度の請求で10社の査定見積もりを取ることができるのでとっても便利です。

近くに中古車買取専門店がない場合や、時間がなくて出向くことができない場合などにおすすめです。
またたくさんの車査定を取ることで、より高額に買取してもらえる可能性がでますので、
できるだけ愛車を高く売りたいという人は無料一括車査定サイトを利用することをおすすめします。