車の下取りと買取りの違い

知らないと損?車の下取りと買い取りの違いとは?

車の下取りと買取りは似ているようで全く違います。

愛車を売る時には、下取りと買取りの違いをしっかりと理解してから
どちらがお得かを見極めましょう。

 

車の買取りとは?

買取りとは、今自分が乗っている愛車を売って、現金で受け取ることです。

新しい車を買うのであれば、売って得たお金を資金として、新車の頭金にするとよいでしょう。
車の買取り価格は、業者間のオークション相場を元にして、
現在買取りすることができる最高の値を基本価格とします。

さらにそれにプラスして、装備や車の状態を総合して算出していくのです。
中古車の相場は地方の違いや季節によっても取引価格は違ってきます。
基本的に全国規模の大型買取り専門チェーン店の場合は、
全国の買取り相場の情報を収集して基本価格を決定するので、
高い価格を提示してくることが多いでしょう。

 

またエアロやカーナビ、アルミホイールなどの社外品のパーツが付いている場合、
プラスの評価で値段を上乗せしてくれるでしょう。

 

 

車の下取りとは?

では次に車の下取りについてです。
下取りは、愛車を売って同じ販売店で次に買う車の購入資金に充てることです。

例えば新車をディーラーで購入する場合、今乗っている愛車を下取りに出します。
その場合は一般的にディーラーが用意している下取り基本価格表を元にして、
車のダメージや走行距離などを査定して、そこから減額して下取り価格を決定します。

下取り基本価格表は定期的に更新されるものですが、
業者間のオークション相場と連動しているわけではないと言われています。
次の車を同じディーラーで買うことが前提になっているので、
次の新車販売価格と調整しならが最終的な価格が決められることが多いでしょう。

エアロやカーナビなどの社外品パーツでプラスの評価を期待することはできません。

 

買取りと下取りはどっちがお得なの?

やはり気になるのは、買取りと下取りでは結局のところどちらがお得なのか?ということでしょう。

買取りも下取りも基本価格から車の状態を査定して、
そこから最終的な価格を設定していきます。

そのため基本価格が非常に重要になってくるのです。
つまり基本価格設定が高い方がより高値で愛車を売ることができるのです。

基本的には高値を追求しているのは大型買取り専門チェーンと言われているので、
買取りの方がお得なケースが多いでしょう。

 

しかし新車をディーラーで買うことが決まっている場合には、
新車購入を前提としているので高く下取りをしてもらえることも多いです。

 

また下取り強化キャンペーンなどを行っているところもありますので、
時期によっては下取りの方がよい場合もあります。
買取りにするか、下取りにするか迷ったならば、
まずは事前に買取り専門店の無料査定を受けて買取り価格を見ておくことが賢いやり方でしょう。