車の下取りの制度

知らないと損? 車の下取りの制度とは?

新しい車に買い替える際に、今乗っている愛車を下取りに出して
頭金に充てたという話はよく聞きますが、
いったい車の下取り制度とはどういったものなのでしょうか?
今回は車の下取り制度についてお話しましょう。

 

車の下取りとはなんなの?

車の下取りとは、車を新しく購入する時に、現在使用している車や、
車検が切れている状態の車を購入代金の一部として加算してもらう方法です。
下取りできる車は動く車だけに限らず、破損して使用できなくなった状態でも可能な場合があります。
車下取り制度は、中古車再販制度が確立していることによって成立しています。
また下取り車の査定は、査定の資格を持った査定員が行っています。
査定員は研修を受けており、認定試験に合格した人だけがもらえる資格です。
査定員が査定することで下取り価格が安定すると言われているのです。

 

車の下取りは車を購入することが前提となる

車の下取りは車両購入予定の店舗で査定を行う必要があります。

新しい車を買うことを条件として、車を下取りできるのです。
車を購入するお店で下取りをしてもらえば、
名義変更などの面倒な手続きを全てやってもらえますし、

安心して車を買い替えることができるので、自分で売るよりも楽ちんです。

また購入予定の車の値引き額が大きくなるケースが多いと言われています。
例えば購入する車を値引きできないとしても、
その補填として下取り価格を上げてくれるというケースもあるでしょう。

 

車の下取りのメリットとデメリット

車の下取りを行うメリットは先ほども述べたように、簡単に車を買い替えることができるということでしょう。

面倒な手続きもありませんし、次の車を買うお店と下取りを出すお店は一緒なので手続きも簡単です。
逆にデメリットとしては、中古車買取り専門業者の方が高い査定額がつくことが多いという点です。
もしも買取り価格の方が、高い査定額だったとしても、
その査定額まで下取りの価格を上げてくれることはないでしょう。

またエアロやアルミホイール、カーナビなどの社外品をオプションとして付けていた場合、
中古車販売店で買取りをしてもらうと、プラスの評価になり買取り価格を上乗せしてくれるのですが、
ディーラーに下取りに出した場合には、装備を付けていることが
逆にマイナスの評価になってしまうことさえあるのです。

次の車をどこで買うのか?によっても状況は変わってきますが、
下取りのメリット、デメリットを考えながら、買取りと下取りのどちらがよいのかをよく考えて決断するとよいでしょう。