車売る時に必要なもの

車を売る時に必要なものってなに?

ただ車を査定してもらうだけということであれば特に必要な書類はありませんが、

正式に売るという場合には様々なものが必要になります。

 

車を売る時に必要なものを確認し、あとからあれが足りなかったということがないようにしましょう。

 

ディーラーや中古車販売店で手続きをする場合と、
自分で全て手続きをする場合では用意しなければならないものが異なります。
やはり、簡単なのはディーラーや中古車販売店で売る方法です。

 

この方法であれば、最低限の書類だけを準備すればよく、陸運局に行く必要もありません。

 

ディーラーや中古車販売店で車を売る場合

ディーラーや中古車販売店で車を売る時に必要なものとして、まず、自動車検査証が必要です。
これは現住所と氏名が書かれているか確認しておきましょう。

 

もし、自動車検査証に記載されている現住所が今の住所とは違うという場合、

一度住所変更をしているのであれば住民票、
二度以上変更しているということであれば戸籍の附票または住民票の除票が必要になります。

 

それから、結婚をして苗字が変わったなどの理由から
自動車検査証に記載されている氏名が違うという場合には戸籍謄本が必要です。

 

3ヶ月以内に発行された印鑑登録証明書も必要になりますが、
ディーラーや中古車販売店の中には発行から1ヶ月以内のものを準備するように指示される場合もあります。

 

自賠責保険証明書も必要になるのですが、

これは強制保険の加入証明書であるため、必ず発行されているものです。
仮に自賠責保険証明書を紛失してしまったという場合は、
保険会社に再発行してもらうしかないので、準備に時間がかかってしまうかもしれません。

 

スムーズに車を売るためにも、車を売ることが決まったら早めに確認しておいたほうがいいでしょう。

 

ディーラーや中古車販売店で売る場合には、譲渡証明書や委任状の作成を代行してもらうことができますが、
自分でオークションなどを使って車を売る場合は自分で用意する必要があります。

 

それから、自動車納税証明書も車売る時に必要なもののひとつです。
自動車納税証明書は車検を受ける際に必要になる書類なのですが、
こちらも紛失してしまうケースがあるようなので早めに確認しておきましょう。

 

どうしても自動車納税証明書が見つからない、紛失してしまったということであれば、
各都道府県の税事務所にて再発行してもらわなければなりません。
軽自動車の場合は市区役所で再発行が可能です。

 

自動車リサイクル料金を預託しているのであればリサイクル券も必要となります。

 

以上が車売る時に必要なものです。
ディーラーや中古車販売店で売る場合は、何が必要か確認し、指示されたものを用意しましょう。

 

車を売る時に必要なものとは?損をしないためのマル秘情報!オススメの車査定サイト

 

車を売る際の注意点

車を売る際の注意点はいくつかあります。
まず、車の中に自分のものは残しておかないということです。

 

例え不要なものであったとしても、
車に積んだままで売ってしまうと査定額に影響してしまう可能性があります。

 

場合によっては査定額から処分費用が引かれてしまうこともあるので、
売るまえに車内に忘れ物がないか確認しておきましょう。

 

それと、掃除をしてから売るのが基本です。
綺麗にしたからといって査定額が極端にアップするわけではないのですが、
汚れた状態で査定に出してしまうと印象が悪くなり、査定額から引かれてしまうことがあります。

 

車をできるだけ高く売るにはどうすればいい?

まず、自分の車はいくらで売れるものなのか相場を知ることが大切です。

買取のプロから、「この車の買取相場は10万円なんですが、
うちなら15万円出します」と言われると、得をしたと思ってすぐに売りたくなりますよね。

 

ですが、もしかしたらその車の本当の買取相場は20万円かもしれません。
そう考えると、15万円で売ったら5万円も損をすることになってしまいます。

 

相場を知らなければ、買取店から提示された査定額が安いのか高いのか判断できないので、
車をできるだけ高く売るためにも必ず査定額をチェックしておくことが需要です。

 

しかし、車の買取額というのは、年式や型番、走行距離だけで判断できるものではありません。
普段から丁寧に綺麗に乗っている人と、
あまり掃除をせずに車内がぼろぼろになっている人とでは査定額に差が出るのは当然ですよね。

 

そのため、自分の車がいくらで売れるのかを正確に知るためには
実際に複数の業者に対して見積もりを依頼する必要があります。

 

昔ながらの査定方法といえば、実際に店舗に持ち込んで査定をしてもらう方法ですが、こちらはおすすめできません。
話のうまい営業マンがいれば、うまく誘導されて相場より安く買いたたかれてしまうかもしれないからです。

 

そこで、無料一括査定サイトを使ってみてはどうでしょうか。
たくさんの業者に対してまとめて査定を依頼することができるので、
最も高く車を買い取ってくれるところを簡単に見つけられます。

 

相場より大幅に高値で買い取ってくれるところが見つかるかもしれません。

 

車を売る時に必要なものとは?損をしないためのマル秘情報!オススメの車査定サイト!

かんたん車査定ガイド


 

オススメその1 まずはココ

 

 

完全無料!32秒でぱぱっと簡単に入力すれば

1秒後にはあなたの愛車の概算価格がわかります

 

 

入力項目が少なくて使いやすい」と評判のサイト
日本最大級のネットワークを活用して、テレビCM、車雑誌で有名な
カーセブン、ガリバー、アップル、JAC、BIGMOTORなどの
一流の車買取業者はもちろんのこと、こだわり派も納得の専門業者まで
最大で10社の査定価格をチェックできます。

 

ズバット車買取比較.com


 

オススメ その2 ココも抑えよう!

 

 

大手を含む120社以上の車買取業者から

最大10社に無料一括査定を申し込めます。

 

入力は1分 たった1回で愛車の最高額がわかります!

比較して一番高く買い取りをしてくれる業者を探しましょう。

高額買取で有名なガリバーとも提携
最高額、高額査定を狙うなら必ず査定申込みをしましょう。

事故車もOK 廃車前に一括査定を!

 

カーセンサー.net簡単ネット査定


オススメ その3 ここも抑えよう!

 

リクルートが発行している車情報雑誌「カーセンサー」の

車査定サイトなので安心感は抜群

 

およそ3分間のカンタン入力を行うと、カーセンサーが提携している

買取業者に最大30社まで一括査定の申し込みができます。

ちょっと入力が面倒かもしれませんが、
その分査定額の精度は高いので金額のブレが少ないです。


また連絡方法もメールを選ぶことができる会社を指定できるので
「電話がかかってくるのがイヤだ」という方にもオススメ!